※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
前回の続き…
2010-03-22 Mon 10:05
急に苛立ち声を荒らげてこう続けた…

Y『なんで!?何でそんなに●サンにこだわるんだよ?近付こうとすんなよっ!』
…と。

ただのおとぎ話なのにそんなに大きな声を出す事無いのに…ってビックリしました。

昔から丁度三ヶ月位が恋人という関係になった場合の運命の分かれ道と言われています。

もう三ヶ月はとっくに過ぎてしまって、段々Yさんの嫌な部分も大分見えて来ました。

きっとお互いがそんな時期でしょう…。

マイペース同士なのでお互いに何考えてるか不安になり、Yさんに勝手に誤解されてる事も多々あるけれど

気持ちをしっかりぶつける事が出来る事の大切さを強く感じる毎日です。

●は電話で私の心配をしてくれていました。

私が送って来たメールの中のさりげないお誘いが少しでも●の支えだったと知れました。

中途半端な関係にはしたくない。一生続けていきたい関係だからこそ。大切に着実に育てて行きたい…。
ただその時が来るのが早くに訪れたら…そう願って止まないのです。
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
電話の会話…
2010-03-16 Tue 10:25
☆『もしもし?今日は折角誘ってくれたのにゴメンねっ』
●『本当だよ~お金がないなら言ってくれれば飲み放題だから●が出したのに!』
☆『いやそういう訳にはいかないよ~。それに明日も仕事だし、体調良くないからさ』
●『飲み放題位●二人分出せるよ~!それにお金無いなら、また今度~とかゴチャゴチャ後付けせずにスマートに言えない?何が本当なの?』
(かなり酔っている様子で余り人の話を聞かないモードになっているので、此方は刺激しない様に同調するしかない状態)

☆『いや、嘘なんてついてないよ。着いたって仕方ないじゃない?』
●『なに?どうしちゃったの?●と呑みたくない訳?!』

(段々とエスカレートしていく状態でココからは●の一方的な勘違いの叱咤が始まる。)

全ての会話は覚えていませんが、メールで長々送った事がとにかく気に触ったみたいで…

途中、『信頼の置ける友人』と三回程いわれました。
そして、こうも言ってました。
●『鞄汚しておいてそれではい!オサラバは違うでしょう?』…と。 (昨年の再会時の出来事参照)

勿論即刻弁解しました。
☆『そんなつもりは毛頭無い!』…と。

私は今は●を自分から誘う事が出来ない身です。
電話の会話…の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
一本の電話
2010-03-09 Tue 08:39
テーマをどうしようか悩んだけれど…当てはまるものが判らないので、当分これにします。

仕事終わった頃、携帯を見ると●からの着信の合図。
また唐突に電話が来ていました。今度は自分から仕事帰りに電話してみました。
何回かコールするも、出る気配無し。なので切ってメールに切り替え様とすると…また着信。

『もしもし』と始まった会話は此方も驚く強引な言葉でした。

●『いまなにしてんの?』
☆『仕事終わって帰る途中だよ、●はもう家かな?』
●『ううん。今飲んでるの』

☆『そうなんだ~一人で?』

●『そ、今から△まで来なさいよ、待ってるから。んじゃっ!』

…と切られそうになった●のお酒の入った声の一方的な電話に正直焦った。

だって、つい先日Yさんと約束したばかりだったから…

Yさんとの事を話せるタイミングまで、●と二人きりきりでは逢わないと…。

●とは 良い人間関係を作りたい。きっと今では●もそう思ってくれていると信じたい。

そして今の私はYさんを傷付ける様な事はしないと選択した。

だからこそ、私は●とその時が来るまでは逢わないと強く誓った。

今 誘いに乗る訳にはいかない。
一本の電話の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
私の中で憂鬱虫が蠢き始めた・・
2009-12-05 Sat 00:11
ううう・・・いざ連絡を取る手段を自分から暫く絶つと・・・

やっぱりとてつもなく 不安になってくる。

『お前が自分からまた距離を置いた!!』

・・・と想われなければ良いんだけど。

それから・・・この先の事についてもやっぱり考える。

私がどんなに努力しても、前より良い方向に変わっても、

やっぱり『一度駄目になったんだもの戻らないよ』

誠実に向き合おうとしても、●が逃げ続けるなら

黙って居なくなった方が良いのかなっても想う。

●が現実的にも本能的にも、運命的にも必要としてくれる人間にならなきゃ

永遠にその私という存在の価値が●にとって検討さえもされないのであれば

私にとってココに踏みとどまる意味も、

そして●の人間的な成長にとっても・・・

私の存在は邪魔になるかな・・・とか

だからと言っても、私の様な考え方を持ってるのにも関わらず

恋愛感情を持ち続ける人間はそう簡単には居ないだろうから・・・。

今は●が喜んでくれる事をしたい。

贅沢出来ない生活してる●に少しでも友達として

似合うだろうモノを身につけて貰いたい。

別に出来る範囲でしか出来ないモノ。

私だって、自分の生活そんなに贅沢にしていないモノ。

オークションでモノを買ったりとか、お酒飲んだり外食したり

前みたいに洋服沢山買ってる訳ではないもの。

ただ、堅実に、何も楽しみもない当たり前の日常生活を送ってるだけ。

勿論、●以外の人なんか見れないし 

自分が寄り掛り甘えられる恋人なんか無理に決まってる。

私は甘えきってしまうから・・・余計私が駄目になる。

私と●は似た者同士。本当に似ているんだろうな。

ただ、私は経験値が●より少ないだけ・・・

ちゃんと向き合ってくれた時に、本当の力を絶対発揮出来るのに・・・

それさえ私は許されない…存在。

ただ、●は寂しくて優しい人・・・

だから私を本気で突き飛ばせないだけなのかも知れない・・・

それでも今、私は近くでずっと見守る事を選んだ・・・。

真意が判らないにしても、

今の私にはまだ今カノとの二人の話を聞くのは

正直に言うと 相当なストレスです。ここ最近有り得ない位白髪増えました。

だけど・・・●が本当に私を必要無くなるまで

傍に居ようと思うのだから・・・・

私はこんなに好きになる人も居ないのだから

そう決めたのだから 仕方ないのですね・・・。

それでも しつこく私の心に巣食う憂鬱虫は蠢くのです。

常に私の中で・・・そして常に囁くのです悪魔の様に

『ねえ?辛いなら逃げ出せば楽になるよ?本当に愛してくれる人を見つけた方が絶対幸せよ』 

・・・・と。 

●に色んな辛い事が起こってなかったら。。。

今カノなんか作らなかったんだろうか・・・。

私がもっと接触してたら 今カノと同棲なんかしなかったんだろうか・・・。

でも答えはきっと『否』だ。

今回色んなタイミングがそうさせた。

そして私が去ったとしても。

恐らく次の人が控える事になるんだろうな・・・。

そして気がつかないで●は堕ちて行く事になるんだと思う。

本当一人で辛い時に 本当の意味で心を支えてくれる人が無い未来が私には見える。

それでも●は必死になって踏ん張るんでしょうけれど

でも、それは凄く悲しい未来だもの・・・。

私の夢見やシックスセンス的な勘は本当に自分で言うのも変ですが

今まで当たり続けています。

嫌な事なども・・・。




ここからは少し綴じます。
 

私の中で憂鬱虫が蠢き始めた・・の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
小さな気付きと出遭いって・・・
2009-04-23 Thu 17:54
本当、どこに転がってるかわからないですよね。

職場で不思議な出遭いをしました。

フラッと入ってきた自分の親と同じ位のオバサンにやたら気に入られ、

流れで海外での仕事などの話を聞かせてもらえました。

何でもその人はペルーとかチャカとか

民族系のミュージシャンをボランティアで応援してるという。

最初、ちょっとまた宗教系の何かでは・・・なんて警戒しちゃいましたが

心配をよそに 何だか沢山CDをくれました。

コンドルは飛んで行く、とか・・・何だか何処かで聞いた事あるものから、

知らない曲まで・・・ってかもしかしたら、私この人達(ユニット)何処かで・・・??

なんて思ってたら よくアチコチの駅で見かける民族音楽演奏してる人っぽい。

彼らから聞いたらしい貴重なアンデス地方のお話などを聞けて楽しかったです。

フルネームまで聞かれて 『また来るね』 とかかなりフレンドリー。

普通そうやってタダでモノを貰ったりとか私駄目なんですが

悪い気は全然しなかったんですよね・・・

なんでだろ・・・オバサンが輝いてみえたからかな?。

どんな事でも、一生懸命自分の想いを貫いて身を削っている人って

やっぱり生き生きしてるからだろうな・・・。

こんな貴重な出遭いもあの職場で仕事していなければ無いに等しかったし

民族系の歌って聞いてると、なんて言ってるかなんてわかんないけれど

凄く落ち着くんですよね。

多分だけど、本当に音楽を愛していて、スピリット精神を強く感じるからかも・・・。

自然の魂の躍動・・・というか。

人間の色恋沙汰とかそういうありきたりの心の葛藤とかじゃなく、

なんか空気に音が解けてるというか・・・。ヒーリング効果があると思う。

・・・って言っても私は何度も言いますが何かの宗教を崇拝してるとかじゃないです。

あの人の国の音楽もあの映画で聴いてみて、やっぱり好きだった。

民族楽器の奏でる音ってなんか素朴で心を感じるんですよね。

心で共感する音楽じゃなくて、身体に浸透させる音楽。

そんな感じ。





と。ここからは●の事なので綴じますね。


小さな気付きと出遭いって・・・の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
BACK |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。