※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ふと気が付くと…
2010-04-21 Wed 21:27
●の事ばかり考えている私にハッとさせられます。

やっぱり今のYさんと恋人になったのは路を違ったのかな?

例えずっと私の片想いだったとしても、●を想い続ける路を選ぶべきだったのかな…?

約一ヶ月前に頻繁にあった●からのアクションはピタリと現在止んでいる。

勿論きっと私の一言で連絡を控えてくれているんだろう。

『仕事落ち着いたら私から連絡するね』

私は何度も誘ってくれていた●に そう伝えた。

●はそう伝えると私に向かってこう言った。

『どうしたの?!●から近付いたと思ったら君が離れるとか!プレゼント渡したらハイ終わりとか…相当おかしくない!?』…と。

●の声はいつか聞いた様な…悲痛な声で、ヒステリーに近い声だった。


でも私は大切な存在だからこそ…慎重に関係をゆっくりでも完全にイーブンにして行きたい。


中途半端に携わる事は絶対にしたくないから…今は逢う時ではない。


私の心の中にはいつも●がいる…。でも今側に居るのは違う人…。


本当は●に逢いたい…。でもまだ時じゃない…。

もうすぐ●の誕生日。

しかもYさんも●と誕生日がたった10日違い…

もう二人のプレゼントは考えてあります。
●にはキッチンで使えるちょっとした物といつもの栄養剤。近状報告のお手紙を少し添えて…。

そしてYさんにはYさんが今最も必要としている物を…。

二人とも私にとってとても大切な人…。二人とも失いたくないから私は二股みたいな事をしている気がする…。

心の中で一人の人に片想いをしながら 他の人に自分の人生を委ねるのは…
ズルイ事何だろうか…。
でももう色んな事が引き返せない位置に辿り着きそうになっている…。

最近になってYさんは母と電話でも話し、ちらっと私が荷物を取りに行った際に対面もし、ほんの少し言葉も交わしました。

母はYさんを見て、話して相当に好印象な様子でした。

しかも母はこの時『この子を宜しくお願いしますね』と言いました。

母は私の中に●を未だ思う気持ちがあるのを知りながら、Yさんとの未来を応援したいと私に言いました。
私と●の路はもう完全に違っているのかも知れない…。

親に自分の存在を認めさせようと私の親を説得しろと促した事もある●。

かたや二人が自立して胸張って挨拶に行けるまで、まずは基盤を作り上げようと言うYさん。

気付かない振りをしているだけで、答えは出ているのかも知れない。
スポンサーサイト
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
<<一ヶ月ぶりの電話… |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | 久しぶりに独り言しにきました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。