※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
まさかまさかの・・・サプライズ!!
2009-12-23 Wed 23:46
実はイブイブにバースデーな私です。おめでとう自分★・・・ってな訳で

ああ・・・なんていう事でしょう!とびっきりのサプライズが午前中にやって来ました!

日が変わった瞬間に実はメール来たりしないかな~なんてほんのチョビッとだけ

電話とかこないかな~なんてチョビとだけ思いましたさ。

そりゃあ思いましたさ。

でも・・・・それ以上のモノが我が家に届きました!

丁度今から半日前・・・。2009122311半頃。

それはやってきました!!

まさか!まさかの●からの小包ですっ!!

そして開けてみてビックリしました!

私が以前クリスマスにと考えてたモノと同じモノがそこにはあったのです!

今回見送ったアレ・・・と

今回煙草と一緒に贈ったアレですよっ!

やっぱ電波飛んでるとしか思えない・・・。

そして届いてすぐ●に電話しました。

仕事だろうなって思ってたけど・・・耳元で何度もコールが鳴り響く。

そのまま切ろうかと思ってたら今度は幸いにも留守電になった

ので・・・ちょっとヤヤ興奮気味にメッセージを吹き込んでおきました。

嬉しかったっていう感情が出来るだけ・・・伝わる様に。

実は●から届く前に丁度プレゼントを配送依頼して家に戻ったばかりでした。

どれだけタイミング良いんだか・・・。んもう。

本当に神様はいたずら好きで・・・意地悪だわ・・・。


その後12:55・・・●から折り返し電話がありました。

ここからはまた素敵な約7分間でした・・・。

あ、因みに前に書いてたあの人の大切な人へのプレゼントは今回見送りました。

色んな方のアドバイスを頂き、「それは今はやめといたほうがいい」と判断しました。

そこらへん気になる方は、前の記事探してみて下さい。

今見直してても、本人さえ どこに書いたか判らなくなってますがw

さて・・・ここからは恒例の少し綴じます。
私がクリスマスプレゼントを配送し・・・家に戻り一人モンモンとしていると・・・

一階でピンポーンと音が鳴りました。

その時はまさか・・・知る由もなかった。

母親が突然コンコンとドアを叩く。

はあい?と声を上げると

そこには嬉しそうに涙を流しながら小包を持った母が居た。

母「良かったね。ちゃんとアンタの事●さん考えててくれたのよ・・・」

☆「?!っまさか??!」 

母「そのまさかよ・・・」

手を震わせながら受け取って思わず呟いてしまった

☆「●からだ・・・・」

気がついたら私は頬に涙を伝わせながら母とハグしていた。

母「開けてみなさいな」

私は包みを開けた。

中には赤いメッセージカードと可愛いラッピングされた大きさの違う袋が二つ。

・・・・・・・・・・・なんだろう?

まずは小さい方の袋を開けてみた・・・

☆「箱・・・何かのアクセサリーかな!?」

にしては大きすぎる・・・。

蓋を開けてみた・・・するとそこには

☆「腕時計・・・!」

お洒落でシンプルだけど 凄く素敵なシルバーのブランドモノの腕時計がそこにはありました。

そして・・・もうひとつは・・・。

☆「マフラー!!!?」

私は母と二人で笑わずには居られませんでした。

だって今回は見送ったにしても・・・最初チョイスしたのはその同じ2つモノでしたから。

私は仕事だろうと想いながらもすぐに●に電話しました。

しかし留守電・・・。

でもちゃんと嬉しかった想いを伝えなきゃと想い

私はこんなメッセージを吹き込みました。

もっとまともなのは無かったのかっていうメッセージですが

「もしもし~ビックリした!んもうなによ~サプライズだよ

これ!凄いサプライズ!まあまたお茶楽しみにしてます!!有難うね!!」


本当声が素で裏返っちゃって興奮しまくりなのがきっと嫌でも伝わったでしょう。

そして運命の12:55・・・・

●からの着信音が・・・(☆今は言わずともMISYA☆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆「もしもし!んもう!本当ビックリしたよ!!」

●「誕生日おめでとうございます。」(淡々と)

いや、ほら色々今まで貰いっぱなしだったし、悪いからさ」

☆「いやもう!しかも時計!これで大切な時計が二つになったよ!」

●「気に入った?まあ外れてはいないでしょう?」

☆「うん!とっても素敵!!それにマフラーもっ!!!」

●「まあ、ほらOLさんなんだしもっとちゃんと似逢うやつした方が良いと思ってさ」

☆「本当もう凄い嬉しい!あ、明日◎◎(私の地名)のサンタさんからプレゼント行くよ

まあ、今回流石に本当にちょっとびっくりしたけれど・・・」


●「なんでっ!良いのにっ!!ほら、この間汚されたけどリュック貰ったんだしさ!」

(●は私の発した言葉の意味は判らなかっただろうけれど・・・ここは自己満足)

☆「いいの!あれはだって半年前からずっとやりたかった事だもん別物です。まあ汚しちゃったのは本当申し訳ないけれど」

●「まあ、来年は控えた方が良いんじゃない?と ちょっと添えてみました。」

(この言葉の意味が最初わかんなかったので、違う事を聞いてしまう私)

☆「ん?贈るのを控えろって事かな?」

(しかし●はそれには真っすぐには答えずこう切り返した。)

●「もうお酒は控えないとね来年はさ」

☆「ああ!そういう意味ね!大丈夫だよそれなら!私お酒飲む人●位だもん」

●「友達と飲まないの~?」

☆「まあ、友達とは色々と結構まあ疎遠になってるし、いいの~♪」

●「探せばいいじゃ~ん。もう前みたいにはならないよ~ちゃんと線引き出来るでしょう?」

☆「いらないんです~!いいんです~だ!!」

●「寂しい人だねぇ~~」

(心なしか私をからかう●の声は笑いを堪えた様な風で心なしか嬉しそうでした)

☆「寂しくて結構!いいんです~だ!」

●「まあまあ。ほら、音も鳴るでしょう?あれ、最近のは鳴るみたいよ」

(●が言ってるのは添えてあるクリスマスカードの事。この様に●はいつも急に話を振る)

☆「ああ!うん!音もなって何だろうってもうビックリしっぱなしだったよ!」

●「あら!どんなけよ!音が鳴るのを知らないなんてどんなけ遅れてるのよ」

☆「あはは!マフラーも本当有難うね!凄く素敵!本当今まで一番素敵な・・・」

(誕生日だよ!と言いかけたら●は咳払いをして言葉を重ねてきた)

●「まあ!ママがさ、たまには☆ちゃんにもプレゼント送りなさいって言うからさ

そういえばあの子イブイブが誕生日なのよって話したら、じゃあプレゼント一つじゃ

スネちゃうかもねって、ママと大爆笑してたわ、それでママと一緒に選んだの」


☆「まあ!お母さまもご一緒にっつ!?」

(ここでちょっとだけ残酷な言葉も添えられる)

●「マフラーはいいんだけど、ほら時計は流石にサイズわかんないから・・・

まあ・・・サイズは相方にちょっと来て貰ってね」

(恐らく職場なので相方という言い方をしたのでしょう・・・ちょっと複雑だけど)

☆「(ちょっとだけ間・・・)うん!でも嬉しかった!本当」

●「ほら、●時計好きだから、ちゃんとした良いモノなんだよ?判るでしょう?」

☆「うん!!!」

●「まあ、ほら前のピアスとかそれなりのモノちゃんと身につけないとだしね」

(一緒に居た頃の誕生日&クリスマスに貰ったピアスの事)

☆「これでまた私の大切なモノが増えたよっ!」

●「最初はさ、パン焼き機にしようと思ったんだよ。でもまあ安月給ですから●。¥*****が半額の¥*****位になっちゃったけれどね」

☆「パンって!またそんないらないようレンジで充分だよ~」

●「でもあれだよ?ちゃんとお釜になってるやつなんだよ?」

☆「へえ!!そんなのあるんだ!!」

●「まあ。そんな訳で余り高いモノあげられなくて申し訳ないけれどさ」

☆「何言ってるの!気持ちだけでも嬉しい位なんだからっ!!」

●「まあまあ。気に入ったみたいだし、イメージにピッタリのモノあって良かったよ」

☆「うん!凄く素敵!前のと合わせて大切にするっ!有難うねっ!!!」

●「まあこんなわけで●は相も変わらずにお陰で栄養剤三昧よ」

☆「あはは!!良かった!役に立ってて」

●「まあ、そんな処です」

☆「そういえば今もう夜包丁握ってるの?」

●「え?まだ探してないよ。年末仕事ギリギリまで判んなくてどうなるかだし」

☆「そうだったんだ?大変だね」

●「それにエンジン掛けるなら来年からユックリでも良いかなってさ」

☆「確かにゆっくり探した方がいいもんね!」

●「あ、何枚かの内の貰った送り状もちゃんと控えたよ」

(相変わらず突然相変わらず話を反らす●)

☆「送り状?ああ!私の住所?」

●「そ!一応言っとこうと思ってね。そんな感じだから」

☆「それは嬉しいよ有難うね!」

●「まあまあ、またお茶しましょう。そんな感じで仕事も、これからは

何曜日と何曜日って感じにしかお茶出来ないけれどね。来年になってからかな!半月後位」


☆「まあ!じゃあその時を楽しみにしてるよ!」

●「まあ、じゃあおめでとうございました!良い誕生日をね」

☆「本当有難う!●も良いクリスマスを!!」

●「またメールするよ」

☆「私も連絡するよ!」

●「じゃあねええん、ハーイ」・・・終話。


・・・・・・・・・・・・・・・・こんな感じの会話。

日本三大時計メーカーのブランドモノを頂きました。

にしても。。。今回私もプレゼントするモノを変更せず

時計とマフラー送ってたらもっと反応面白かったかもしれない。

ちょっとだけ 損をした気がする私でした。

でも・・・・これで決まりね。

心おきなく。

来年の誕生日には 時計をプレゼントしようと想います。

私のあげようと思ってるやつは ちょっと高めだけど

そんなの関係ない。

きっと時計好きなあの人なら気に入る自信があります。

イギリスブランドなので、あまり持ってる人もいないし

レア大好きみたいだし・・・

お洒落好きな●はきっと喜ぶはず。。。

それよりも。。。ちょっとだけ不安なのは私の贈ったマフラー・・・

柄ものだから・・・シンプル思考の●が気に入るか・・・少し不安。

コーディネイトに使ってね! と一応控え目にメッセージしたけれど・・・。

とにかく今回の微妙に被った考えからして

私はもっともっと自分を向上させなきゃいけないんだなって思い知る。

あと、気になるのはやっぱり

さりげなく 他の人に接触しないかどうかを質問してきた事。

●の言ってた言葉 「探せばいいじゃん」 は恐らく●の私への試しの言葉。

私が他を望んでいないか、寂しさに、昔みたいに肩を寄せないかの確認だと想った。

そして、自分をいつまでもオンリーで居てくれるのかどうか・・・。

だからハッキリ否定したつもりです。そんな事する訳ない・・・と。

「いらないんですよ~だ!それに私の大切な人は一人で充分!!」

・・・・・・・・・・・・・・・という言葉を本当は言いたかった。

でも今回はやめました。

そして・・・私がラッピングしたプレゼントに忍ばせたメッセージカードの言葉・・・

間一髪だった・・・。

本当は私の素直な気持ちを少し添えようと思ってたんです。

たとえ遠回しにでも。

でも送る前にそれをやめました。

今はまだタイミングじゃない!

そう想ったから・・・。

きっと私の占いカウンセリングの先生の言ってた様に

来年からが本番・・・。

私は自分磨きをそれまで怠っちゃいけないと改めて想いました。

●から明日メールでの反応くるかな?

それが凄く今は楽しみです。

きっと今カノさんにも●は何かをプレゼントをしたんでしょう。

でも、今は関係ない。

考えすぎたり、妄想空想は 負のスパイラルに私を引き摺りこむ。

今確かなのは ママさんとマフラーを選んでくれた事。

そして・・・また時計をくれた事。

何よりも私のイメージ通りのモノをと ●の足で探して歩いてくれた・・・

それだけでも私はなんて幸せなんだろうって想います。

だって私の事、想い浮かべながら選んでくれたんだな・・・って思うと

それだけで・・・本当に本当に嬉しくて幸せだと想わなきゃ・・・

そのうち本当に罰があたるわ・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 彼女との思い出期間限定公開。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<チックタックと耳に当てると確かに刻む音色・・・ |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | 今年のクリスマスプレゼントは・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。