※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
私の中で憂鬱虫が蠢き始めた・・
2009-12-05 Sat 00:11
ううう・・・いざ連絡を取る手段を自分から暫く絶つと・・・

やっぱりとてつもなく 不安になってくる。

『お前が自分からまた距離を置いた!!』

・・・と想われなければ良いんだけど。

それから・・・この先の事についてもやっぱり考える。

私がどんなに努力しても、前より良い方向に変わっても、

やっぱり『一度駄目になったんだもの戻らないよ』

誠実に向き合おうとしても、●が逃げ続けるなら

黙って居なくなった方が良いのかなっても想う。

●が現実的にも本能的にも、運命的にも必要としてくれる人間にならなきゃ

永遠にその私という存在の価値が●にとって検討さえもされないのであれば

私にとってココに踏みとどまる意味も、

そして●の人間的な成長にとっても・・・

私の存在は邪魔になるかな・・・とか

だからと言っても、私の様な考え方を持ってるのにも関わらず

恋愛感情を持ち続ける人間はそう簡単には居ないだろうから・・・。

今は●が喜んでくれる事をしたい。

贅沢出来ない生活してる●に少しでも友達として

似合うだろうモノを身につけて貰いたい。

別に出来る範囲でしか出来ないモノ。

私だって、自分の生活そんなに贅沢にしていないモノ。

オークションでモノを買ったりとか、お酒飲んだり外食したり

前みたいに洋服沢山買ってる訳ではないもの。

ただ、堅実に、何も楽しみもない当たり前の日常生活を送ってるだけ。

勿論、●以外の人なんか見れないし 

自分が寄り掛り甘えられる恋人なんか無理に決まってる。

私は甘えきってしまうから・・・余計私が駄目になる。

私と●は似た者同士。本当に似ているんだろうな。

ただ、私は経験値が●より少ないだけ・・・

ちゃんと向き合ってくれた時に、本当の力を絶対発揮出来るのに・・・

それさえ私は許されない…存在。

ただ、●は寂しくて優しい人・・・

だから私を本気で突き飛ばせないだけなのかも知れない・・・

それでも今、私は近くでずっと見守る事を選んだ・・・。

真意が判らないにしても、

今の私にはまだ今カノとの二人の話を聞くのは

正直に言うと 相当なストレスです。ここ最近有り得ない位白髪増えました。

だけど・・・●が本当に私を必要無くなるまで

傍に居ようと思うのだから・・・・

私はこんなに好きになる人も居ないのだから

そう決めたのだから 仕方ないのですね・・・。

それでも しつこく私の心に巣食う憂鬱虫は蠢くのです。

常に私の中で・・・そして常に囁くのです悪魔の様に

『ねえ?辛いなら逃げ出せば楽になるよ?本当に愛してくれる人を見つけた方が絶対幸せよ』 

・・・・と。 

●に色んな辛い事が起こってなかったら。。。

今カノなんか作らなかったんだろうか・・・。

私がもっと接触してたら 今カノと同棲なんかしなかったんだろうか・・・。

でも答えはきっと『否』だ。

今回色んなタイミングがそうさせた。

そして私が去ったとしても。

恐らく次の人が控える事になるんだろうな・・・。

そして気がつかないで●は堕ちて行く事になるんだと思う。

本当一人で辛い時に 本当の意味で心を支えてくれる人が無い未来が私には見える。

それでも●は必死になって踏ん張るんでしょうけれど

でも、それは凄く悲しい未来だもの・・・。

私の夢見やシックスセンス的な勘は本当に自分で言うのも変ですが

今まで当たり続けています。

嫌な事なども・・・。




ここからは少し綴じます。
 

大分前に書いたと思いますが、●から今カノが居ると聞かされたその日、

私は元カレNの夢をまた見ました。

内容はNと●同時進行している、誠実さの欠片もない

良いとこ取りしようとしている最悪な私がまた出て来る夢です。

Nとコンタクト取る瞬間まで、私は凄く引っ掛る事がありました。

何故一年半前のあの日私の家に犬を連れてやって来たのか・・・

私に本当は何か言いたい事があったんだろうか・・・と。

夢の中のNは、また証拠にもなく言うのです。

『あの場所で待ってる』 と。

●の今カノの存在を知って、●の弱った姿を見て

私はほんの小さな迷いでも切り捨てなければいけないんだと思い立ち

Nのいう『あの場所』に行きました。

それは●との約束を犯す事になる事だったけれど・・・

どうしても越えなければいけない私の壁でした。

そして、・・・あの場所にはやっぱりNが居ました。

段々と酷い自分本位な内容になっていく紹介文を見て・・・ため息さえもう出なかった。

年齢詐称平気でしてる文章を見て・・・悲しいとも思わなかった。

彼女募集をしてるNに 私はためらう事なく久しぶり元気?と 

元カノとしてメールを送信しました。

●とは相対的ですが 相も変わらずの数分で戻ってくるメール。

しかも長い文章の即返には、本当に驚きを隠せない。

その即返が私をあの道に引き摺り込むキッカケだった・・・。

最後ズルズルな関係であった時さえ、

携帯を手から離す瞬間が殆どなかった完全に依存症のN。

人に愛される事を常に渇望しているN。

余りにも酷い変化を遂げた私のかつての恋人の返信の文章には

当時あんなにも恋しくて涙した、どうしようもないあの私は

湧き上がる感情の中のそのどこにもいなかった。涙さえもう流れなかった・・・。

あんなに確かに好きだった筈なのに・・・

素敵な●が目の前に居ても、あんなに好きだったNに私は・・・

今ではもう情さえも心の中に無くなったみたいです。

私は、一応急に二年半振り位に連絡を取る為に当たって、

Nに まだかすかに想いがある様な文章にしてみました。

その方が、おそらく本音を出してくるだろうと計算した上で。

そしてその計算は見事に当たってくれた・・・。

そしてそれにより 私のいままで燻って気持ちを迷わせ続けた想いはスッと消えた。

大切な人●をそのせいで苦しめた事もあった事を、本当に今は後悔している・・・。

今、ふと気がついたら 気付かぬうちに拗れに拗れた糸は

執拗に絡まり合い、解くのは容易でなくなってしまったのだもの・・・。

しかし、今回意を決して、自分のケジメの為にコンタクトした事により、

夢に繰り返し見た通りの事が元Nに起こってた事も本人のメール内容から知りました。

(しかも何故か私が聞いても居ないのに色々経過を話してくれた訳で・・・)

『繰り返しの夢』とはこんな内容です。

まさにそこにあった写メに映った家写真と同じ空間の中で、頭を垂れて、背中を丸め、

自分に自信をどんどん無くしていくNの姿。

そしてその辛い想いから逃れる為に、永遠にひと時の恋人を作り続けるN。

でも本当の処は何も満たされていない。

冷たく冷え切った女性との間にどんどん日増しに深くなる亀裂。

薄暗い電気のともる陰湿な食卓・・・。

心の奥底で唯一助けて!と訴える様な病んだ目・・・。

私はその夢を見る度に心が揺れた。

そして・・・そのNからの返信メールの内容はこうでした。

本当は文章を貼り付けていもいいんだけど・・・・

Nも一応過去の恋人だもの・・・それはやめておきます。

Nからの文章にはこう書いてありました。

あの時の年上の彼女とは、今は家族ぐるみで付き合っている大切な友達。

私の家に来たのは、その後に結婚(恐らくそういう約束したという意味)したらしい彼女と

お金を溜めてて、私が家の更新間近で、そのまま敷金礼金無しで

家を借りられないかと思って相談しに来たという事だったらしい。

(はっきり言ってモノを知らないにも程がある。呆れました。家の保証人は当然ながら私の親;)

その奥さんになったという彼女と離婚?した原因がその友達だという年上の女性の嫉妬。

(有り得ない;意味がわかんない。だって別れた関係なんでしょう?それ友達っていうのか?)

その後元奥さんから電話やメールでネチネチ恨み辛み攻撃されて荒れて病んでいたらしい。

(突っ込みどころ満載なのですが、さてこの2人の一体どこに結婚するだけの愛があるのか;;)

過去に遊び過ぎたツケが回ってきたけれど、今は大切な彼女が出来ました。・・・らしい。

そして、このままこの人は↑を繰り返し、エンドレスで本当に満たされる事無く

沢山の勘違いと、嘘の波の中に呑まれて歳を無駄に取っていくんだろうなと確信。

そして、何よりも、その結婚したという元奥さんとの事を笑い話にしている事・・・。

本当にNは人の心を無くしてしまったんだな・・・と諦めの想いに満たされました。

私がかつて、Nのその『大切な友達』だというKに抱いた感情と同じものが

今はNに対してもあります。

それは人として決して踏み込んじゃいけない領域に平気で自分の幸せだけを考えながら

人を傷つけて笑って居られる人に対しての『軽蔑の感情』。

まさかかつて一時でも好きだった人に対してその様な感情になるなんてと凄く驚いた。

私の中で『この人はもうなにがあっても無理だ。』と想い

とことん冷たい感情で、お別れのメールを送信した・・・。

が! あろう事か、その次の日の朝突然Nからメールが来たのだ。・・・・。

前日にもうこれで最後だ!という様に、私は少しだけ文章を書いて『幸せにね』と

完全なる気持ちの上でも決別の言葉を述べたと言うのに・・・

空気も気持ちも察してない。

Nは昔の事は水に流して、友達になろうと、遊び相手に、相談相手になってくれと言う。

ここまで来てまだ、私を・・・、使えそうなものをなんでも利用しようとする。

冗談じゃないと本気で想った!怒りさえ覚えた。

そして君は本当に私と同い年だったの??と本気で想った。

しかし、もう悪いけれどもう引き摺りこまれる訳にはいかない。

そんな事してる場合じゃないし、心に想う大切な人が居るので・・・、

それにNの傍にK(年上の)が居るのでしょう?

その人は私の人生の中で今後交わる事のない人なんだよ。意味判るよね?

(不誠実な人間(ここは流石にNには言ってないけれど))

そう言って断った。

Nがここまで堕ちた原因は あの当時Nを甘えさせまくって、

必要とあらばストーク行為までしていたKの存在のお陰だと 私はいまだに確信してやまない。

(嫉妬心でなく間違いなくNの成長が止まり 悪い方に作用していく原因になった張本人。

実はその女性とは 2度会った事があるが その時本性を私はすぐに見抜いた)

しかし、Nからのメールはあくまでも上から目線。

『彼女は自分にとってかけがえのない人。

悪口言うならやっぱり友達も俺たちは無理なんだな』 と。

その文章に驚いた。私が悪口を言ったと??どこまで被害妄想なのか・・・。

本当に心から・・・もう付いていけないと感じた。

そして時間を得て私の知っているNの姿はもうどこにもないんだとたった数通のメールで悟った。

そして、●への想いは 今度こそもう迷う事なく 私の中からあふれ出した。

あの時Nと私のやり取りを誤解して、傷付いていた●。(泊ってたのに突然に家に帰る位)

その後も、私がNと逢っていたとずっと誤解し続け。。。

私の気持ちも、あの例の一番問題になった奴・・・他の第三者の存在により 

どんどん拗れて行った・・・。

私は●はNとは違うのを知っている・・・が。

●の心の闇だってNの心の闇と似ているのは 充分過ぎる位にもう判っている。

でも!!●には決して Nの様になって欲しくない。いや!私がそうはさせない!!

きっとNは短い幸せを次々と人の情で持って体験していくけれど・・・

自分の心の闇から完全に目を反らしていて、そしてもうそこには何も無いと感じているのだろう。

今の様な事をずっと繰り返していけば段々と病んでいくのが、判る・・・。

しかも、いまだ縁は濃いらしく、いまだNは夢に出てくる・・・。

きっと今頃新しく出来た彼女との共通の友達でも探しているんだろうと思う。

でも正直もうNとの絆は おなかいっぱいだよ。

私は●との絆をもっともっと強くしていきたいよ・・・。

友達になり下がらず。

でも相手の想いを傷つけない様に尊重し、尚且つ全てを受け入れ赦す姿勢・・・。

それをどんな時も一定させて 何が起こっても、言われても継続させる事・・・。

普通にでもどんなに困難な事かは一目瞭然・・・。

尚且つこの私の消極的な姿勢&●の消極的な姿勢のぶつかりあい・・・。

一見これの一体何処に 『未来の可能性』があるのかと思う・・・。

しかし、逢う度に●の行動、視線、セリフから何か感じる私としては

やっぱり頑張らずにはいられない。

私は離れる事を選択し、そしてNはどこまでも堕ち変わってしまった。

人の心の痛みさえも考えられなくなる位・・・。

●は・・・。一見発言する言葉などを聞くとそう見えるが本質はちょっと違う。

天の邪鬼で、素直じゃないモノ同士の睨みあいは

腹の探り合いは 本当に根気がいるけれど・・・

私は私のやり方で、今は離れて静観しつつ。

●に仕送りするママンの様な想いで、傍に居よう・・・。

かといって、私は甘えさせるつもりもないし、ただ立ち上がって欲しい。

また内に秘めている●の その今は小さくなった炎を

また火傷する位に燃えたぎらせてほしい。

その時に、傍にいられる女に必ずなるから・・・

どうか表面だけをとらえないで欲しい。

ちゃんと目をそらさず奥を見つめて欲しい。

Nと同じ道(に近い道を)を 心から 私は●には歩んで欲しくないわ!!

スポンサーサイト
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
<<プライドの高い俺様な思考の人の感覚のお勉強 |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | 素敵な嬉しいなっ な 事!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。