※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
明日で…
2009-01-31 Sat 20:45
退院する事になりました

職場の人も心配してくれてお見舞いに…何て言ってくれました。

何とも有難い話なんでしょう。退院したら益々仕事頑張っていかなきゃ!

昨日まで個室だったのですが、急に容体が悪化した人の為に

部屋をあけ渡しました。大部屋は人の話声とかするから

落ち着いて寝られないし嫌なんですが(声大きい人も居るし)

仕方ないです。もう少し辛抱です。はい。

そういえば、つい数日前に予期せぬ嬉しい事がありました。

何と●から見舞い電話があったのです…

私は変に心配掛けたく無かったから知らせるつもり無かったのですが…

妹が配慮してくれたみたいで、電話来た時は本当にびっくりしました。

しかも見舞いに行けなくて御免とか言ってくれて…

電話くれただけでも本当に嬉しかったのに、改めてあの人の優しさを実感しました。

そして妹が後から教えてくれた事が更に嬉しかった。




ちょっと綴じます



病室で痛みと戦いながらウトウトしていたら携帯が。

手に取ると表示には●の名前。

笑っちゃう事に瞬時にリアルに考えたのは過去の事。

『病室の部屋の中の音の響きって何となくラ○ホに似てる・・・どうしよう;』

また勘の鋭い●を勘違いさせてしまうんじゃないか?と凄い不安が過ぎりました。

でもそれは取り越し苦労。

☆『モシモシ?』

出来る限り普通に電話に出ると、笑いを堪えた様な●の声。

●『まぁた道に落ちてたダンゴ拾って食べたんだって?』

と とっても楽しそう。

☆『へ?なにそれ?そんなんじゃありませんモノ』 と 余りにも不意打ちの一言に素っ頓狂な声で答える私。 

●『△(妹)から聞いたよ。いつからそんな病院好きになったのよ』

笑いながら普通に対話してた私の頭の中では

●・・・流石はドエス。(なんて冷静に思う私もアレですが)

選ぶ言葉一つ一つが何か素直な見舞いの電話内容とは到底思えない。笑

●の生活環境の話や、今回の入院の経緯などさまざまな話をして23分間。

夢の様な・・・何故病室で●の声を聞けてるんだろう?という不思議な心地。

本当に嬉しかった・・・。

彼女も今忙しいのに自分の睡眠時間を削ってまで電話をくれた●。

●と電話で話してる間、妹からも電話があり、その後直ぐ連絡したら、

妹の第一声。

△『笑っちゃうの。』

☆『何が?つか私の今回の入院の話言ったの●に?!』

△『うん。あの人、最初は寝惚けてた癖にさ、お姉の入院の話したら
 声色段々変わって、病院どこ?って。お見舞いしたいって来たがってたよ』


自分の耳を疑いました。…そこまであの人が!?

と 正直ビックリして、言葉が無かったです。

●との会話の内容は、相変わらずの冗談混じりの毒舌の中に、

あの人らしい温かい心配の言葉が沢山ありました…

『持病?これから一生付き合わなきゃいけないモノなのじゃないんだよね?』…

と、今までふざけた会話してたのにいきなり構えて真面目に聞いてくる●の声。

その時点では、勿論心配させない様、

『持病?、まさか!そんな事大げさな事じゃないよ』
って言って安心して貰ったのですが。

本当は内蔵癒着を起こしてて、腹部の膜が内臓の一部とくっついていて、

常に痛い訳では無いけれど(因みに今は薬無しでは転がり回る痛みです。)

今後 腹部の引き吊りや腹痛とは 一生付き合ってくらしいです。

患部が一部内蔵と前回の薬で撃退されたウィルスの腹膜がくっついた状態らしく…

その内体内で身体が慣れてくるけれども 暫くは強く力入れたりすると痛いらしい…。

心配してくれる●に笑いながら『バチが当たったんだよ色々。』って言ったら、

彼女一瞬言葉を失いながらも、何だか素直に私の罪を認めてる

私の変化を喜んで居た様でした。

しかし・・・電話を切る時についいつもの癖で言っちゃいました。

☆『●も忙しいのは解るけどくれぐれも余り無理しない様に体調気をつけて』

・・・・と。電話ごしにですが一瞬空気が変わりました。

なので●に言われる前に自分突っ込み。

☆『といっても今の病床の私が言っても何か違うよねアハハ・・・』

病人が病床で心配するのはさぞかし説得力無かったでしょう(笑)

一瞬言葉に詰まり笑いながら

●『う~ん何かそれは違う気がするけどお互い気をつけましょう』 と。

とにかく妹のびっくりな考慮のお陰で●とまたお話出来ました。

まだ日常生活するにはちょっとハンデがありますが

後少しだけ自宅で療養し、早く職場復帰して行きたいです。

後は明日、入院中に犯した罪で懺悔しなければ成らない事があります。

軽蔑されるの覚悟の上で告白します・・・・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
<<少しだけ罪を重ねてしまった… |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | やはり点滴は免れず…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。