※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
妹から彼女の生の声を聞きました。
2008-07-04 Fri 13:46
彼女の言ったクリアの意味。

少し違ってました。

それは自分とあった事は無かった事にして

ワタシにとっての失恋という形にして

自分が消えたほうが良いのでは?

そういう意味だったようです。

そのほうが どん底まで落ちて 這い上がれると。

これから先の人生を考えたら うまくいくと・・・。

そんな事 何故いうの?本当に離れたいの?

本心なら 何も言わず離れるよ?

電話で抗議してくることもないでしょ?

二人とも素直じゃない。

二人とも偏屈。

でも 彼女も葛藤してるんだなって判る。

今 彼女にとって 色々周囲が忙しい時で

ワタシにかまけている時間ないんだよね。

でも 妹が 

『今後姉から一生涯離れるんですか?逢う事もないんですか?』

そういうと、

『ワタシだって すぐにとか そんな離れらるわけが無いよ?!』

そう いってくれたらしい。

ただ 

今の自分が近くにいたら、

今回してしまったみたいに自分のキャパを超えているから

どうしてだ!何で出来ないんだ!

・・・という具合に また厳しく叱咤したりしてしまうかもしれない。

でもそれは お姉ちゃんの 治療の妨げになるのだろう。

だから 私からは もし連絡があってもアクションを一切起こさないでおく。

お姉ちゃんに対し しっかり治療が終わるまでは 距離を置こう。

ただ距離の置き方も 完全に 離れる形のほうが良いのか

それとも 連絡をたまには取ったほうが良いのか

そういうのは カウンセリングの人に聞きながら

今後の方針を決めたいと想う。


そういってくれたみたいで。

それだけでも 嬉しかった。

でも もっと嬉しかったのは、

妹が

 『アナタと対等で話が出来る人間になるのが姉の目標なんです。』

彼女に 私の気持ちを 代弁してくれた時に 

彼女が、 あの弁の立つ彼女が言葉に詰まりながら

『感極まってる。嬉しい。』

と 大きく心を 揺るがしていた状態だったそうで・・・。

 『何かあったら連絡して欲しい。●リちゃん(妹の名)も もう敬語じゃなくて良いんだよ』

そういっていたようで・・・。

ワタシは かなり今自分で情けないし、

今の 自分の無さ加減は 本当に呆れてむかついて仕方ない。

最初からしっかり自分の意思のある人間なら

過去の過ちも起こさずに堂々と彼女だけを見続ける事が出来ていた筈だから。

自分を憎みたくもなる。

でも そんな自分を変えるのも

今は自分しかいないんだって事も 

ワタシにとっての現実で・・・

彼女の期待と協力してくれる 妹 母の為にも自分の為にも

自分の望んでいる未来の為にも

やるしかないんだ・・・。

今やっと 少し時間掛かったけれど

そう 覚悟出来たのでした。

妹は言っていた。


 『離れるとか離れないとか恋愛感情があるとか無いとか、そういう小さな次元の付き合いを 姉ちゃんに彼女は望んでないんだよ、だから 私を通して、もっと当人同士だけでなく 大きな人間関係を作ろうと 協力しようとしてくれてるんじゃないか。』

はっとした。

私 なんてちっぽけな考えだったんだろうって。

私は気持ちを言葉に出さないと消えてしまいそうで不安だった。

彼女は 少なくとも今の段階では 長い目で私を見守るといってくれてるんだ。。。

『『人を・・・ 彼女を信じられないのなら 愛してるなんて言う資格は無い。彼女に対して失礼だ。』』

そうとわかったのなら 少しでも早く 彼女に安心してもらえる 人間にならないと。

のんびりなんてしていられないんだ。

後、妹は彼女に こう 聞いてくれたらしい。

 『姉の事は 愛してたんですよね?恋愛感情はあったんですか?』

・・・と。

それに 大して彼女は 少し言葉に詰まった後

 『恋愛感情までは行ってない。 ただ想っていた。』

そういう言い方をしたそうです。

恋愛感情。。。恋と愛の違い

私はそれを聞いてネットで複数意見を求める為 

検索しまくりました。

そして出てきた答えは

『『恋は自分が与えて貰うモノ。愛は自分が与えるモノ。』』

美輪明宏ロさん(漢字が判んないです><;)の言葉に行き着いた。

そして恋愛感情は二人で持つモノ。

恋愛感情というのは お互いが 同じ思いを持つ事。

『『この人なら 支え合いたい、この人と居れば高めあえる。』』

そんな純粋な 気持ちを持つ事。

彼女が私に言っていた言葉の意味、やっと理解した。

 『無償の愛を持て!欲しがるな!お前のは自己愛だよ!』

だから今の私相手じゃ 感情をもてない。

そう 彼女は言っていたんだ。

私には 何も今の段階では 与える事が出来ないから。

でも、彼女はそれが出来る様な人間に私がなる事を望んでくれてる訳で・・・

恋人とか 不確かな そういうモノよりも

もっと確かなモノになれる可能性を求めている。。。

彼女の本音が今やっと 妹との話を聞いて判りました。

私はお子様だから そこまで深く考えてなかった。

 『恋愛感情は無いし 持てない。』 

そう 私に よく きっぱり言い放っていた彼女。

私は 単純に

『『セフレ何だから、感情は一切ないし、その気も無い。ただの身体だけの関係だ』』

そういってるんだと想ってた。

妹にも 私の考えを伝えたら

  『お姉ちゃん、今の聞いたら●●(彼女の名前)さんが悲しむよ・・・。じゃあ なんでメリットも無いのにお姉ちゃんと一緒に居るんだと思う?』

そう 半分起こりながら 呆れられました。

 『そんな単純な意味で彼女が言ってるのなら、マトモに会話が出来ない人間に時間を費やすと想う?』

そう 言われて・・・

愛してるだの 好きだの散々言葉にだしていながら

『『本当に 彼女の事を信じきれていなかったのは 私なんだ。』』

そう 気付かされ、 本当に悲しくてどうしようもなくなり 

愛犬を 抱きしめながら

泣きはらす 7/3木曜日の夜でした。



スポンサーサイト
別窓 | 彼女との思い出期間限定公開。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<七夕 決意表明。 |  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | 27日、数時間の接触。28日~たった二日間の仲直り?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。