※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
あの地震の事・・・
2011-03-16 Wed 00:21
大きな地震だった・・・
沢山の人が死んでしまった。
なすすべも無くなすすべも無く黒く渦巻く塊に攫われていった。

災害用伝言番ダイヤル・・・
やらなきゃいいのに●の番号を入力してみる。

そこには●が家族をいたわる言葉と彼女と家にいたから安心だよと。
判っていた筈なのに少しだけ心が固まった。

ああそうかまだ一緒に居るんだ。

それは●の精神も身辺も安定している証だと思っている。
喜ばしい事でもあるし・・・すこし残念だという事もある。

複雑な気持ちだ・・・。
友達に地震で帰宅困難になってないか?とメールする際に
少しためらったけど●にも返事を返さなくても
良い様に文章を選んでメールをした。

そうしたらその返事に近くその地震の場所に行くはずだったと・・・の返事。
びっくりした・・・。
危うく数日違ったら●はあの黒い波に攫われていたかも知れなかったなんて・・・

●と電話で話していると本当に楽しい。
でもだんだん苦しくなる。

早く電話を切らないと、横で見ているYさんに
私の普段封印している心の欠片を掬いあげられてしまうんじゃないかと・・・
少しだけドキドキした。

だんだん会話が弾んで●と話していると

ふとYさんの事を忘れてしまう時がある。

Yさんと出逢う前にスウッと気持ちが戻りそうになる

●は私に恋人があるなんて思いもしていない気がする。
実家を出ているなんて思いもしていない気がする。

それともまだ実家にいて家族と過ごしているなんて嘘・・・
もう見抜かれているのかな・・・

Yさんと●・・・あの地震で一緒にまた心が揺らぐ。
一人になってでも●を思い続けて行きたい気持ちがないわけではないけれど
でもそれは●の幸せの邪魔になると思うから出来ない・・・。

それに今はYさん・・・・・・。

私はちゃんとYさんの事好きなんだろうか・・・
Yさんは私の事ちゃんと好きなんだろうか・・・

ただYさんから そんな心の破片を感じられないから
怖くなっているだけなのかもしれない。

でも本当にただこれだけなんだろうか・・・

地震とともに私の心もグラグラ揺れています・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
三十秒間の生存確認の電話・・・
2011-03-05 Sat 00:13
二人の関係がもっと安定して
ちゃんとした受け入れ状態が出来るまでは●と電話でも離さないと覚悟を決めた
・・・・・・・・でもまるでその覚悟を見抜いてるかの様に・・・

電話をしてくれる●・・・。
その度に私は電話には出ずにメールで近状報告をする・・・
まだ忙しくて身辺があわただしいと印象つける為・・・

私にとって大切な存在の●を避けている訳ではない・・・
そう知っていて欲しいから。

でも一カ月置きに電話をしてくる●・・・
段々着信音のなる時間が長くなっていく気がする・・・

いままで三十秒も電話を鳴らしていた事なんてなかった・・・

でもどうして?
何故メールをくれようとしないのかな?
私には一生メール一通さえ返さないつもりなの?

大切な存在の●の幸せを離れて願う私の気持ちを知ってか知らずか・・・
昨年の末の事・・・Yさんは自分の事を両親にカミングする際に
『将来結婚を考えている女性』として紹介してくれた・・・。

●にはまだ年下の欲出来た彼女が傍にいるでしょう。。。
それでも心が揺れる時がある・・・。

このままじゃYさんに対して誠実ではないんではないか・・・
こうやって心の奥にある恋愛から変化した●に対しての不思議な感情は
いつか爆発してしまい・・・
何かの過ちを犯すんではないか・・・

私の事をYさんの彼女としてとても大切にしてくれるご家族、
すれ違う事が多くなった私達の心・・・。
Yさんはあまり私とは離さない。
なのに他の人とは良く話す・・・。

私は二つを失うのが怖い・・・
でも・・・もしもこの先誰かを傷つけなければならない時が来るなら

それはすべて私の身に起こる様にしていかなければならないと思う。

正直Yさんがホル注を初めてからというもの・・・
極端に性交の機会が多くなった。
ホテルばかりにお金を掛ける訳にもいかないので
最近は寝る前とかシャワー後に求められる。

求めるのは二人で得る快楽ではなく
自分本位な自身の為の快楽・・・。

ここ最近は毎晩の様に抜いてくれとせがまれる・・・。
まるで専属のヘルス嬢みたいだと思い嫌味をいう私。

『まるでセフレみたいだね』
そうブツブツいいながらせっせと事を運ぶ私にYさんは笑ってこう答える。
『☆をセフレで済ますだなんて、そんなの勿体なさすぎる』・・・と。

最近Yさんの方が先にベットに入る。
そう。出来るだけ一緒に布団に入らない様にしてしまっている自分に気付く。
そんな自分に戸惑う。
求められる事が 苦痛に思う事も多くなり、
Yさんにされている間に寝てしまう様になった私の身体の変化。。。

ただ疲れているだけかもしれないけれど。。。
自分の気持ちの変化に気付くのが怖くなってくる・・・。



『みてみて!顎の産毛が目立ち始めたよ!いつか髭が生えるだろうか』
『声低くなって職場の人間に今度の風邪は随分しつこいね、と言われたよ。』
 
一つ一つの身体の変化を嬉しそうに語るYさん。

そんな男性化していくYさんを冷静にみている自分がいる。
表面上は一緒にYさんの変化を楽しんでいるけれども

どこかで・・・凍った感情で見つめている自分に気付く。

『どうしてそんなに☆は冷たいんだよ。どうしてそんな事で怒るんだよ。』
Yさんからそう言われる事も少なくない・・・

私・・・余裕が無くなっているのかもしれない・・・

いつか●は言っていた。

『☆に良い人が出来たら連れておいでよ。●が品定めしてやるから』

恋人関係でもなかったのに、元恋人みたいな保護者の様な事を言っていた。

●にYさんを紹介する日はくるんだろうか・・・。

最近気がつくとそればかり考える・・・。

もしかしたら私はYさんに恋はしていないのかもしれない。
じゃあ・・・この感情は一体なんなんだろう。

Yさんといると母親の様な気持ちになってしまうの。
答えなんか出せないんだと知っているけれど

Yさんが私に『さようなら』と言わない限りは
きっと一緒に居る様な気がする。

Yさんには依存心もない。
最初に比べたら一緒に居ない時間にも全然不安はない。

Yさんと私の間にはまだ目に見えない信頼関係は築かれていないのかな?
それとも それゆえに・・・なのだろうか。

まだまだ・・・●の元気な声を聞く事が出来ない状態は続きそうだ・・・。

別窓 | 想いよとどけ・・・ | コメント:0 | トラックバック:0
|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。