※不器用でお馬鹿な朧月が大好きな人●への想いを綴っているノート※同性愛苦手な方通り過ぎて下さい。※
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
判らない事だらけ・・・でも思い過ごしかも知れない
2011-02-19 Sat 17:02
最近ちょっとした事での喧嘩が多い。

なにより余裕のない自分に気付かされる・・・

Yさんは大きな子供の様に私の前では甘える。

私はまるでYさんのお母さんの様な気持ちになる・・・

そう・・・恋人というより友達で母で・・・。

でも落ち着く・・・

言いたい事も言える・・・

本当の自分を見せる事が出来る・・・

今の私なら●にも同じ様に出来るんじゃ・・・なんて思う事もある・・・

電話が来るたびにまだちゃんと連絡先を消さないで居てくれるんだと・・・

感謝する。

どうしたらいいのか・・・

声を聞いたら・・・この気持ちが

この抑えている感情が少しづつ引きつけられてしまう気がする・・・

怖い

でも・・・

せめて声が聞きたいと思う私は

罰あたりなんだろうか・・・。


ねえ?●・・・気がついたら私はいつも●の事を考えて居るの・・・

でもYさんと一緒に居たい・・・


スポンサーサイト
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
2010-07-26 Mon 16:03
久しぶり独りゴトを書き込みに来ました。

相変わらずYさんとの生活は続いています。

しかし最近また●の夢を見るようになりました。

フと目が覚めると隣に居るのはもちろんYさん・・・。

寝言なんかいってなければいいのですが・・・

六月末にお中元と称して 手紙とサクランボを送ったのです。

Yさんと生まれて初めて東北に旅行に行ったのです。

その時さくらんぼ狩りをしたので 友人と●にほんの少しだけだけど送りました。

三日後●から電話がありましたが 意図的に電話に出ませんでした。

●には今まだきっと続いている年下の彼女がいて・・・、

いまもきっと大切にされているはず・・・。

でも時々わからなくなります。

本当にこのままでいいのかなって・・・。

Yさんは私を大切にしてくれているけれど・・・

どこか私の心の中はまだ●を求めている様な気がしてならない・・・。

Yさんは私の事を 『もう2度とこんな良い子には出会えない』 と言ってくれます。

いつだって自分に自信のなかった私に自然なままでいさせてくれるYさん。

朝食の時の私の飲む紅茶を用意してくれるYさん。

疲れてると普段よりもますます無口になるけれど

ちょっとした隙を見せると直にキラキラ悪戯っぽい目で詰め寄ってきて人をからかう。

そんなやりとりをしてるのは普通に恋人同士みたいなのに・・・

なんでだろう・・・。

私はただの意気地なしなのかも知れない・・・

Yさんは時々私にいいます。

まるで私の揺れる心を探るかの様に・・・

Y 『ねえ?そろそろ●さんに逢いたいんじゃないの?』

・・・って。

だからその都度素直に言います。

私 『そりゃあ逢いたいよ~?でも自分で決めたラインに立たない限りは逢わないの!』

Y 『もし、●さんがやりなおしたいって言ってきたらどうする?』

私 『ああ!それはないよ絶対。そういうのしない人だって自分で言ってたし』

そう。私はいまYさんを選んで その傍にいることを選択した。

いま●がどんな生活をしてるのかも知らない。

聞くつもりも 今はない。

ちゃんと時が来たら・・・。

きっともっとも良い関係になれるって・・・信じているから。

でも・・・自分のなかのこの曖昧な感情をどうしたらいいのか・・・

自分らしくないこの感情に流されない為に

もっと己を見つめ直さなければいけないのかもしれない・・・。
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
一ヶ月ぶりの電話…
2010-05-01 Sat 19:55
●から電話が来ました。

仕事の関係で電話を取れませんでした。

だからいつもの様にメールをしたのです。

最近●の夢を見たり、やたら●との会話を思い出します。

その事を知ってか知らずか…母親は私にいいました。
『今一番大切にすべきは誰か…ちゃんと優先準備を考えなさい』と。

わかってはいるのです。
私が今一番に大切にしなきゃいけないのはYさんで…
でも何度も長い間で考えてみても私の中で無くては成らない存在はやっぱり●なのです。

心の中で別の人を想いながら、恋人という存在と共に時間を過ごす毎日…。

こんなYさんに対して不純な想いを心に秘めているからこそ

●からの連絡に関しては今は応じる事を避けなければならない…。

そして私に枷られたなすべき事を優先して成さねばならない…。

大切な失いたくはない人だからこそ…

私は軽々しくは動けない…
だから時々どうしたらいいかわからなくなる…。

こんな風な事を…

二股掛けてるとか

言うのでしょうか?
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
ふと気が付くと…
2010-04-21 Wed 21:27
●の事ばかり考えている私にハッとさせられます。

やっぱり今のYさんと恋人になったのは路を違ったのかな?

例えずっと私の片想いだったとしても、●を想い続ける路を選ぶべきだったのかな…?

約一ヶ月前に頻繁にあった●からのアクションはピタリと現在止んでいる。

勿論きっと私の一言で連絡を控えてくれているんだろう。

『仕事落ち着いたら私から連絡するね』

私は何度も誘ってくれていた●に そう伝えた。

●はそう伝えると私に向かってこう言った。

『どうしたの?!●から近付いたと思ったら君が離れるとか!プレゼント渡したらハイ終わりとか…相当おかしくない!?』…と。

●の声はいつか聞いた様な…悲痛な声で、ヒステリーに近い声だった。


でも私は大切な存在だからこそ…慎重に関係をゆっくりでも完全にイーブンにして行きたい。


中途半端に携わる事は絶対にしたくないから…今は逢う時ではない。


私の心の中にはいつも●がいる…。でも今側に居るのは違う人…。


本当は●に逢いたい…。でもまだ時じゃない…。

もうすぐ●の誕生日。

しかもYさんも●と誕生日がたった10日違い…

もう二人のプレゼントは考えてあります。
ふと気が付くと…の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
●への気持ち…
2010-03-24 Wed 19:26
心の奥底で●への想いはまだくすぶっています。

電話してみようか…メールしてみようか…と色々考えてしまいます。

でも今はそれはしてはならない事…

今は考えてはならない事…
先日Yさんの愛車が壊れてしまいました。車買い換えたいねとか話していた矢先の出来事…。

本当ここ数年の私の周囲には、出来すぎたドラマの様に様々な事が綺麗に整列して順繰りにやってきます。

ゴールデンハムスターのチャロちゃんもお迎えし、その日新車のオートローンも悪条件の中、何とか通って購入出来る事に…

車という大きな買い物に、今回私も流石に腹をくくるべきなのかな?とか思いました。

出会って早いもので三ヶ月。喧嘩をしても今のところは最終的にはニコニコとやりすごしています。

大きな買い物を一緒にし、実家の小さな家庭菜園からとれた新鮮野菜のお礼をしたいと

私の母と電話で言葉を交わしたYさん。

そして先日は私の従兄弟が那須で結婚式をするという事で、レンタカーを借りて前日入りし、同行してくれました。

流石に式には連れていけませんが…、五年越しの大恋愛を得てのゴールイン。一緒にお祝いしてくれました。
パラパラ雪の混じるWeddingでした。
●への気持ち…の続きを読む
別窓 | 共有する想いと願い | コメント:0 | トラックバック:0
|  ◇いつか同じ空を(純愛成長ノート)◇ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。